札幌のイントラレーシック

近年はレーシックという近視治療が有名になってきています。レーシックとは、角膜をレーザーを使って薄く削り、光の屈折を調整して視力の回復をはかる比較的新しい治療法です。角膜を削る前に、まずは角膜上皮を剥がさなくてはなりませんが、角膜が極端に薄かったり、視力が悪過ぎる人の場合、この際に用いられるマイクロケラトームという器具での治療は受ける事ができないという問題がありました。何故ならマイクロケラトームという器具は、上皮細胞を剥がす際に、カンナのように剥がしてフラップを作る必要があるので、一般の方には問題がなくても、角膜が薄い人にとっては危険なのです。しかし、イントラレーシックというレーザーで上皮細胞を剥がしてフラップを作る方法が誕生したので、これまでのマイクロケラトームを用いたレーシックと比べるとはるかに薄いフラップを作る事ができ、角膜が薄い人や視力のかなり悪い人であっても視力回復の手術を受けられる可能性が増えたのです。イントラレーシックのように、レーシックの手術を行う際には、患者の体質に合わせて角膜の上皮細胞を剥がすための方法がいくつか用意されており、それぞれの体質に合わせて選択が行われています。方法は色々ありますが、それでも中にはレーシックを受けられない体質の人も存在します。それでもこれまで以上に手術を受けられる人の幅が広がったことは間違いありませんので、ぜひ一度相談してみてはいかがでしょうか。札幌でもイントラレーシックを受けることが可能です。

 

レーシック 天神 安い

レーシック 梅田で評判

美容整形 大宮

美容整形 新宿

レーシック 大阪の名医